2017年1月16日

2017

年々...
一年が足早に過ぎて行くのを強く感じます。
一日一日を大事に過ごしていきたいな
と そんなお年頃です。

年末年始と忙しくさせて頂いていた為
ここ数年描いている干支が描けませんでしたので
御挨拶、遅くなってしまいました。
申し訳ございません。

2017年
酉年
鳥は鳥でも鶏を指すそうです。





































鶏と言われれば
この顔しか思い浮かびません。

意味合いは違えど
名前に"Colonel"の階級が付けられ
サンダース大佐の呼び名で
世界的に有名な方はこの方くらいでしょうか。
鶏界の頂点
ジェネラル・サンダースくらいの方が
面白かったですけども。

子供の頃、テレビの再放送で見ていた
アメリカドラマの「コンバット!」
ビック・モロー演じるサンダース軍曹
子供ながらにカッコ良かったのです。
こちらの方が個人的には大好物です。





































今年も
頭を"Tender"に
常に"Tasteful"に

後厄の2017年
今年も一年宜しくお願い致します。

2017
130 x 180(mm) Acrylic paint on Illustration board 2017

Codswallop artworks




2016年10月24日

Triple Cool!!!

決して似顔絵専門ではございません。
日本ではあまり知名度ないかな?





































La~LaLaLaLaLa~♪ HaHa!

80年代アメリカンキッズ達の人気者だった彼が
2度のお痛をし業界から抹殺されてしまった訳ですが
御年60オーバーで2016年まさかのMovieカムバック!
Cooool !

謹慎が解けてからポール・ルーベンスとして
現在もアメリカの連続ドラマ、またアニメーションの声優
少し前からはPee-Weeとしてちょこちょこと復活していたのは存じておりましたが
あぁ見た目もそのままに歳を感じさせないプロ根性!
Double Cooool !!





































今回のMovieはNetflix配信限定
監督もティム・バートンではないですが
ここへ来てPee-Weeの新作を作成したNetflix に拍手!
是非ドラマ化を願います。
Triple Cooool !!!

今作は...
町を出たことがないPee-Weeが
親友となった店の客「ジョー」の誕生パーティーに出席する為に
今回の愛車、フィアット600で旅に出るのですが
スタート早々にPussycat!Kill!Kill!な状況に笑えます。
終盤これはホモ映画なのではないかと思わせる展開にドキっと...
いやいや、これは男同士の友情映画です。





































普通にしていればイタリアン顔のイケメン
お年を召した素の彼はピーター・バラカンと言えばピーター・バラカンですが
燕尾服にシルクハットを被れば
男も惚れるフレッド・アステアばりです。きっと。

今年はこれを被ったからといって
公共の場でオ〇ニーなどしてはいけません。
捕まります。
I meant to do that !


Triple Cool!!!
297 x 420(mm) Mix Media 2016

Codswallop artworks



2016年5月11日

The Walking Dead

本国アメリカでは大変人気のあるテレビドラマ
ゾンビものです。
アメリカ人はゾンビ大好き。
私も大好き。
ですが日本国内版はゾンビ物って事で
過激な描写がある関係上、場面カットされてるよ。
というお話も伺っておりましたし
最終的にどうせ完全版が出るんでしょ?って
思っておりましたので見ておりませんでしたが...







































ここ2年のハロウィンシーズンにお遊びで作っていた
お面シリーズを見た方からの御依頼。
千葉でショップを営むKくんからの御紹介でした。

よって、お話が着た時点で
これはレンタルして一気見して置かないとダメ!と思い
近所のツタヤへ走りましたが全てケースのみでカラ状態
結局、観れたのはシーズン1のみ
日本国内でも大人気でした。
って事でシーズン1のみの鑑賞で作成スタート







































「ウォーキングデッド」
スタートから毎シーズンで既に6年間
現在も続いているシリーズものです。
なので資料として画像検索してみると
同一人物でも成長していて顔付きが全て違う。

鑑賞出来なかった事も有り
どちらも想い入れの無いキャラクター
色々と悩みながらも良いとこ取りでこんな感じ。
もちろんハロウィンマスクよりも力を込め
最近お世話になっているデザイン事務所様で出力してもらい
私的には納得行く形でまとまったと思っていましたが。

こちらのお面、個人的に描いて欲しいという話では無く
昨年末、「Hollywood Collector's Convention」
通称「ハリコレ」と呼ばれるイベントの
第8回ゲストでこちらの2人が来日した際に
当日、ご本人に額装してお渡しするというお話でした。
御依頼頂いた方はこちらのイベント御関係者様の御関係者様とのこと。






































Kくんを介してのやり取りでしたので
まずは、御依頼主様はこの仕様で満足して頂けたのか?
どのような形で渡されて御二方のリアクションはどうだったのか?
出来れば一緒に移っている写真も!っていう要望も出しましたが(笑)
その点だけ気になるので伺ってくださいね。
という形で納品させて頂きましたが
全く連絡が無かったので
満足して頂け無かったのかなと。

お二方の手に渡ったのは間違い無いと思いたいのですが...









にてねーのかな?(笑)




Mask of The Walking Dead "Carl & Glenn"
297 x 420(mm) Mix Media 2015

Codswallop artworks





2016年5月3日

Gleeful Cafe

ここ最近、私の地元では
移転やリニューアルなどをされるショップ様が相次ぎ
有り難い事に色々とお手伝いをさせて頂いております。
全ての移転、リニューアルの時期が被りに被り
てんやわんやしており、未だにお待たせしてしまっている
御関係者様、誠に申し訳ございません。
今しばらくお待ち頂ければと...

もう一年になりますか?
昨年、巨大なテナントに移転リニューアルし
古着販売のみだった業態をショップ併設で
CAFEを新事業でスタートさせた古着屋GLEEFUL様
そのCAFE側の店内用の看板や黒板ボード等を
まとめて御依頼頂きました。



ディスプレイや什器等は1900's~のガチガチなビンテージ物で
埋め尽くされており、看板などもその年代に合わせたデザインを
オーナー様自身も望んでいたのかもしれませんが...

CAFEという事で内装は清潔感のある白ベース。
綺麗目な雰囲気でシンプルをイメージに進めさせて頂きました。
オープンから使用されているロゴマークも
御了承を得て柔らかい感じにマイナーチェンジ。

長い目で見たときに飽きない
シンプルだけれどノスタルジックな雰囲気
飲食店なので少しでも清潔感のあるデザイン
そんな事を念頭に。










































トータルでオーナー様も気に入って頂けたようで
良かったかなと。

こちらのGLEEFUL様が入っている現テナント
私が20年前(笑)に働いていた某古着屋の場所でもあり
個人的に思い入れのある土地
そんな結び付きも面白いなと想いながら作業しました。

現在GLEEFUL様はさらに改装をし
3月からランチ~ディナー、アルコールまでトータルして提供する
CAFE&BARにリニューアルしております。

それに合わせ、外のメイン看板とメニュー一式を
追加でやらせて頂きましたので
そちらはまた後日こちらで紹介させて頂きます。





































GLEEFUL CAFE and BAR
千葉県 柏市 柏3-9-9 パークノヴァ1F
04-7192-8846

Gleeful Shop Sign
Mix Media 2015

Codswallop artworks



2016年3月29日

Banner sign

このペースですと
また年間4回の更新のみで終わりそうなこのブログ...

今年に入ってから大変忙しくさせて頂き
今月に至っては徹夜が多すぎ
睡眠時間が4日分程足りていないと思われます今日ですが。
今後も引き続き御関係者様、宜しくお願い致します。

昨年も大変お世話になりました
Burgus Plus様のイベントバナー
ラフ案を頂き作成。






































キャンバスに色を塗るという作業が
これはこれは大変だった記憶がございます。






































毎年、東西アメリカで開催され、先月で第8回を数えた"Inspiration"
ザ・アメリカンカルチャーのオモチャ箱みたいなイベント。
2月のショーには”Stanley Mouse”氏がいらっしゃったようで
毎回様々なジャンルのレジェンドが登場するのも
このイベントの凄いところでしょうか。

そんなイベント"Inspiratin"に日本から出店するに当たっての
作成依頼だったブランドバナー。






































こちらのバナーに合わせて
額装されたイラストボード一点に
別件にて海外浮けしそうな手ぬぐい"Tenugui"のデータ作成。
手ぬぐいは版下の特性上も有り文字部分は全て描き直しております。






































今回、手ぬぐいの版下をどのようにして作成されるのか
私の知識不足から2度、3度データの修正を業者様から
指摘され最終、時間の都合上で業者様側にてデータを修正されるという
ミスをしてしまいました。勉強不足です。

担当O氏、版下作成の詳しいお話は直で聞いて頂いたのか?
御確認の後、御返信を宜しくお願い致します。(業務連絡)






































毎度ですが...今回もギリギリの納品だったと思います。
もう少しお時間の余裕を持って御依頼されますと
もう少しクオリティーを上げて納品出来るような気も致します。

クライアントの皆様方...
宜しくお願い致します。



Burgus Plus and Co. Banner
1200 x 1700(mm) Water Paint on canvas 2015

Codswallop artworks